auraBlog

おはようございます☀️☀️☀️☀️

日本頑張っていますね!!

オリンピック見てると感動&寝不足です………♪(´ε` )

頑張れニッポン🇯🇵🇯🇵🇯🇵
季節が変わればヘアスタイル・ヘアカラー変えたくなりますよね♬

美容師はお客様が希望する色に仕上げるために、髪の状態を見極めて対応しているので、

リクエストの色をそのまま塗っている………というわけではないのです。

一度ブリーチした髪なら、もともとあったメラニン色素や残っている染料の状態を考えてお客様の状態から希望のカラースタイルを

作ることができるんです。

具体的にはブラウン・アンダー・トーンという「3つのコントロール」をすることで、お客様の希望色をうみだします。

ぎょうかいでは「レベル」というものさしで髪の明るさを15段階で表現しています。

数字が大きいほど明るく、

レベル2は黒に近い濃さ、レベル15で薄いペールイエローに。

こレベルの変化と、メラニン色素の変化は深い関係があります。

「トーン」は髪の明るさ(明度)プラス鮮やかさ(彩度)で表現される色のイメージのこと。

お客様の希望の色や明るさを提案するために、こういったものさしを理解して、ふさわしい選択をすることがとっても大切。

なんだか色のマジシャンみたいですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。