auraBlog

こんにちは(・ω・)ノ

9月スタートしました🏃🍁

前回に引き続きカラー のお話です☆

「白髪染め」「おしゃれ染め」いろんな言い方がありますが、タイプに分けることができます。
カラーの種類は、大きく分けると

「一時染毛剤」「半永久染毛剤」「永久染毛剤」の3つ。
名前でなんとなくイメージ伝わりますか?

「一時染毛剤」はカラースプレーなど、シャンプーで落とせるもの。

「半永久染毛剤」は髪の表面を染める薬剤で、例えばヘアマニキュア。

「永久染毛剤」はヘアカラーやヘアダイなど、髪の芯まで染める薬剤で。

さらに詳しくみてみると、

ヘアカラー(永久染毛剤)は、ブリーチで髪を明るくして色を変えることができるか、できないかで、大きく2パターンに

分けることができるんです。

「アルカリカラー」:ブリーチ力があり髪を明るくしながら染まります。                                                   

                                    ただし、アルカリ性なので、ダメージする可能性があります。

「弱酸性カラー」:ブリーチ力はないので、髪を明るくすることはできないのですが、弱酸性のため、 ダメージはほとんどありません。

                                   髪は弱酸性(pH4.5〜5.5)で安定するので、メンテナンスカラーとしても活用できます。

                                  弱酸性タイプのヘアカラーは美容室だけのアイテムです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

                     

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。