auraBlog

おはようございます!!

雨が続ますね〜

通勤通学が大変ですね…

今年はレイングッズが役にたちますね〜

今回はお出かけ前にキレイに染めたカラーがなぜ落ちるのかという疑問ヽ(´o`;

そろそろ天気が良ければプール、海、キャンプに行きたいですよね〜

行くと髪が黄色くなった!なんてありませんか?
カラーは、髪のなかに入った染料がつながって、発色することで色が見えています。

でもカラーの直後から、染料同士のつながりは少しずつ自然に壊されてしまい、色味も当然失われてしまいます。

この状態を「褪色(たいしょく)」するといいます。

ではどうして染料は壊されてしまうのでしょうか?

キューティクルが傷むとタンパク質が流れてしまうのと同じように、残念ながら染料も、開いたキューティクルの間から自然に流れていってしまうんです。

毎日のシャンプーをはじめ、紫外線やドライヤーの熱、プールの塩素など、日常のさまざまな要因で染料は壊され減っていってしまいます。

また、髪のダメージが進めば、さらにカラーの褪色はすすんでしまうんです。

これ以外にも、パーマや、カラーの色味によっても褪色しやすい色、そうでない色があるなどの理由があります。

でも、お気に入りのカラーをキープするためには、

まずはケアを念入りにして髪を大切にすることが肝心です☆〜(ゝ。∂)

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。