auraBlog

季節が変わると不思議とカラーの色も変えたくなりますね(o^^o)

カラーもファションの一部ということですかね??
しかし、ヘアカラーした髪がパサパサした感じ、手触りが変わった…………

そう感じる方多いはず。

ヘアカラーをすると薬剤が入りやすいようにキューティクルの重なりを開くため、髪のタンパク質が流れやすくなります。

また、髪色を変化させるためにメラニン色素を壊してしまうので髪の中で空洞化がおこり、パサつきにつながりやすくなります。

明るくするカラーになればなるほど、アルカリ剤の量が多いので、アルカリ性になり、

イオン結合が切断されるなど、負担は大きくなります。


でもカラーの魅力はすてがたいですよね??

そこでダメージ対策がとっても大切になってきます。

まずは必要以上のブリーチはしない。

もう1つは、すでに明るくなった髪やダメージのある髪にはアルカリタイプを避けて、弱アルカリ・弱酸性ヘアカラーを使う。


この2点がポイントです。

美容師は髪の状態をプロの目で判断し、適切な薬剤や前後処理を選んでいきます。


ですからもっともっとヘアカラーを楽しんですださいね♪(´ε` )

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。