auraBlog


熊本県阿蘇市 ルートは仙酔峡からバカ尾根を通り、高岳 中岳を経由し東口展望所から仙酔峡へ


初の厳冬期阿蘇登山佐世保をpm11:00時に出発パートナーは、最近月1ペースで供にしているキャプテンだ


行きの車の中では近状の話から始まる


厳冬期の阿蘇


知らない世界


雪の状況      交通状況から山の残雪まで


二人とも不安を隠しながらも

まだ見ぬ阿蘇に 想いを馳せる

佐世保から三時間半 am2:30分仙酔峡登山口に到着

しばし仮眠を取りam6:00登山開始



まだ薄暗い中 歩き始める





仙酔峡からだと背中に阿蘇市を一望出来、高度感を感じながらの登山に成る





今はもう使われていない仙酔峡のロープウェイ

下には綺麗な道も整備されている

今回はあえてバカ尾根ルートを選んだ



山へ登る

キャプテンとの感覚は近いのかもしれない





先週の寒波から時が経ち、思っていたよりも雪は少なかった

岩に氷が張り付き、吹きだまりの雪と

この3つが混ざり合う登山道を慎重に一歩づつ歩んだ





仙酔峡ルート

二人の間隔が少し離れた時

斜度感が見える





このルートで一カ所だけの鎖場

斜度を感じながら軽快に越える





越えた後のつかの間の安心感より





中岳 高岳東の分岐




そして中岳



火口近づき 東口展望所より



展望所から振り返り中岳



キャプテンは裏千家でお茶を習っています


いつでも

どこでも





常におもてなし

感謝の気持ちを忘れないキャプテン

流石です



着いた時は全部凍っていましたが

時間と共に流れて行く

常に気持ちは引き締めていたい事です

強く固い気持ちを芯に持ちながら

流れる時もある

その形のままで




ありがとうございます



Comment are closed.