auraBlog

こんにちは(((o(*゚▽゚*)o)))

猛暑が続ますね☀️☀️☀️☀️☀️☀️

今週末は特に暑くなるそうですよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
今回は美容室と市販のシャンプーの違いについて

ドラッグストアやコンビニって、新商品や定番商品が手軽に買えて便利ですよね。

ヘアケアも同じ。

でも、市販のヘアケア商品と美容室で扱っている商品は、狙いがちがいます。

とくにシャンプーは、活性剤・洗浄成分が違います。

〈市販のシャンプーの特徴)

泡立ちが多くて洗浄力も強く、コンディショニング成分をたっぷり配合しています。

指通りがよくて洗いやすいですが、すすぎが悪いと髪に残り、かゆみや汚れの原因になることもあります。

〈美容室で扱うもの〉

アミノ酸系や両性ベタイン系といった、低刺激の洗浄成分で作られていることが多く、髪に優しいけれど、きっちり洗いあげます。

また、pHコントロール、褪色防止、アミノ酸やタンパク質の補充効果など、カラーやパーマをキレイに保つための役割があるのです!
そして、もうひとつ大事な理由………

それは、美容室のケア商品は美容師の分身だということo(^_-)O

美容師は毎日お客様の髪をチェックできません。

だからサロンでのスタイリング、技術内容、髪の状態に合わせて、ヘアケアをアドバイス&チョイスしてオススメするのがプロとしての

使命なのです!!!

次回お会いするときまで、いいコンディションでいてほしいですもんね♬

キレイな髪でいるために、一番大切なことは毎日のケアなんですね*\(^o^)/*

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。