auraBlog

今回のカラーリングはとってもお気に入りの色。長くキープするにはどうしたらいい?


好きな色を長くキープしたい気持ちは、みんな共通。


でも、赤や紫はもちがよく、青や緑は色がとれやすい、という違いがあるんです。

これは1剤、2剤が反応し、染料がつながる速さに違いがあるってことです。

青、緑系はすぐに大きくなり、反対に赤、紫系はゆっくり大きくなつていき発色します。


すぐに染料がつながって早く大きくなってしまうと、髪の外側のあたりを中心に染まります。

外へ出ていきやすい場所にいるんですね。


反対にゆっくりつながっていくと、小さいまま髪の内部まで浸透し中で大きくなるので、外へでにくくなり色持ちがよくなるというわけです。


それでも青や緑の寒色系が大好き、という方。

色もちをよくするために、弱酸性でphコントロールのあるシャンプーが効果的!


また、染料が苦手なパーマ剤、紫外線や熱にも注意しましょう。


たとえばアイロンを使うなら130℃くらいまでさげないとダメ。

色の種類だけじゃなく、ダメージにも影響されます。ダメージを受けるほど染料も抜けやすいんです。

いつもよりケアを意識してみて下さい。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。