auraBlog

 

A;代表的な要因として3つあります。

1.毛根の形状・・・クセ毛は毛根の影響を受けています。毛根が直線的でなく
曲線的になっていると、髪は曲がったまま伸びて、ねじれたクセ毛になります。
日本人の多くはこのタイプのクセ毛です。

2.たんぱく質の性質の違い・・・1本の髪の中には「水を吸いやすいタンパク質」
と「水をはじくタンパク質」が混在しています。
「水を吸いやすいタンパク質」は空気中の水分を吸収し伸びようとします。
それに対して「水をはじくタンパク質」は水分を吸収しにくいため伸びません。
1本の髪の中に伸びようとする部分と伸びない部分が混在し、このバランスが
崩れると、まっすぐではなくうねりや縮みなどのクセとなります。

3.毛穴の形・・・髪は毛穴の形のそって生えてきます。毛穴が真円だと、
髪も真円になり、毛穴が楕円だと髪も楕円になります。
日本人のほとんどが楕円の髪の毛で、楕円の扁平率が高くなるとクセが強く
なります。

このように毛根の形状、タンパク質の性質の違い、毛穴の形などの要因が
合わさることによってクセ毛になっています。

 

長崎県佐世保市常磐町4-23 TATSUMIビル 3F ヘアサロン aura

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。