auraBlog

今回の掛け軸


「百花誰が為にか開く」





春を迎えた花は誰かの為に咲いているのか?


誰の為でもない


自分自信の全生命力を発揮し


ただ ただ 咲く


生き方を教え、勇気を与え、慰め、


そして楽しませてくれる


即ち花の生命いのち、心を学ぶべきだというのです。



ありがとうございます



月を看みるは、清気せいきを観みるなり、円欠晴翳えんけつはれかげの間かんに在あらず。

花を看るは、生意せいいを観るなり、紅紫香臭こうしこうしゅうの外に存す。



月を観るのは清らかな気を観るのであって、月が円くなったり、欠けたり、晴れたり、

かげったりする形を観るのではない。

花を看るのも、その生き生きとした花の心を観賞するのであって、紅や紫の色とか、

香りのような外に現われた様子を観るのではない。

 

(『言志四録』)


美容師としての美のあり方、表現の仕方、常に勉強して行きます。

ありがとうございます。


aura 〒857-0053長崎県 佐世保市 常盤町4-23 TATSUMIビル3F


TEL 0956-22-3383

 

長崎県 佐世保市 美容室 美容院 aura             http://aura-777.com/

Comment are closed.