auraBlog

濡れた髪は水素結合が切れてしまっているので、

乾いている時よりも弱い状態です。

そのまま寝ると、枕で髪がこすれあったりして、

かえって傷みやすくなるんです。

また、ブローしないとくせがつきやすく、

朝のスタイリングでかえって無理をしがち。

ドライヤーの熱が、髪を傷める原因になりやすいのは確か。

でも、上手に付き合うことで、

髪の見方になってくれるんですよ!

ベストな方法は、タオルドライからスタート。

髪をこすり合わせず、もむように水分をとります。

次にドライヤーです。

毛先よりも、地肌から乾かすようにしましょう。

大切なのは、同じ部分に温風をあてすぎないこと。

髪の場合、110℃以上で内側の水分が

蒸発をはじめ、180℃でいっきに蒸気に。

同じところに集中して長時間当てると、

髪の中で水分が蒸気になり、

焼いたお餅のように膨れ上がってしまいます。

髪から少し離れたところから、

まんべんなく短時間で仕上げる。

温風と冷風をうまく使い分けることなどが

ドライヤーのポイントです。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。